漢検対策にもなる!?のフリーゲーム「余命ナイ」

公益財団法人日本漢字能力検定協会 漢検トレーニング
Rocketcompany (2014-09-25)
売り上げランキング: 1,033

今回紹介するフリーゲーム「余命ナイ」は、プレイヤーによってはどうやってもクリアがむずかしい。

余命ナイはきっと「よめない」と読む。読めないのだ。そして、このゲームの全てを4文字で表す秀逸なタイトルである。

このゲームは、吸血鬼にかけられた呪法で魂と肉体が分離された主人公の魔法使いカルエラが肉体を取り戻すために、余命の残っているうちに吸血鬼の居城を目指すというストーリーである。その道中で、登場する「モンスターが出題する文字を読む」ことで戦闘を進めていく。そのため、文字が読めなければ相手にやられるしかないのである。

最初は楽ちんだと思っていたが、レベル4~5の敵は圧倒的に強い。全然読めない。熟語はもちろん、慣用句、動物や植物、道具などの固有名詞、あげくの果てには単位や元素記号、英単語まで出てくる。まさに「読めない」のである。

yomenye01

出題時のヒント、レベルアップやお助け魔法は戦闘をだいぶ楽にしてくれるが、それでもまずは字が読めることが大前提であり、しかも制限時間内に入力しなければならないからタイピングもある程度できなければ話にならない。そう考えれば、高難易度のタイピングゲームと見ることもできる。

余命ナイレベルアップ

ウディタで作られているので、windowsパソコンであればすぐにプレイが可能だ。中学生~高校生くらいが語彙を増やすのにもいいかもしれない。

漢字が比較的得意だと自負していた私ですら、何度も苦汁を味わった。これは、漢字の読みが苦手な人には本気でどうやってもクリアできない詰みゲーなのかもしれない。この手のクイズゲームとは違って、出題数もあまりにも多すぎて、とてもわからないものを覚えることはできない。

キャラクターのかわいさとは裏腹の難易度がこのゲームの魅力であろう。

yomenye03

 

ちなみに、攻略というほどのものでもないが、大事なものはまず体力だと思われる。というのは、ミスをすると相手の出題レベルが下がるからだ。攻撃を食らうことでしばらく相手にダメージを与えやすい状況が整う。

そして次が攻撃力→素早さ→呪術だろう。高レベルの敵を相手にせざるを得ない後半は、どれだけ体力と魔法を温存してボスまでたどり着くかがポイントになる。できるだけ早く敵を殲滅することが大事だ。探索や回復はラスボスの前では役に立たないので上げるのはオススメしない。

そうした上で、できるだけ回答する文字数が少ないものをヒントの魔法で正確に回答し、英単語などは落ち着いて時間を止めて回答し、わからないものは時間ギリギリまで考えてパスすること。

そうしたらクリア後に出てくる最高難易度でも何とかなる、だろうと思う。

自信のある人はぜひ挑戦して、こっぱみじんにやられると良いだろう。

作者、いい性格していると思う。

【余命ナイ(ダウンロード。ベクター)】

 

社会人の常識漢字ドリル
語研編集部編
語研
売り上げランキング: 3,810

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です